【買って良かった】楽天の人気シリコンラップを紹介!使った感想とメリットデメリット!

やさしい暮らし
スポンサーリンク

シリコンラップ選びで失敗したくない!


ラップのプラゴミ削減や節約のために、シリコンラップの購入を検討中の方は多いでしょう。

せっかく買うならゴミにしないためにも確実に使えるシリコンラップを選びたいですよね。

筆者も購入前にサイトや口コミを徹底的に調べました。

シリコンラップの購入を検討中の方へ、筆者が「買って良かった!」と思う楽天で人気のシリコンラップを紹介します。

特徴メリットデメリット使った感想を載せているので、「どのシリコンラップがいいのか悩み中」の方は必見です。

失敗しないシリコンラップ選びの手助けとなれば幸いです。

スポンサーリンク

買って良かった楽天で人気のシリコンラップとは?

私が買って良かったと思えるシリコンラップは上の写真のものです。

シリコンラップの側面同士がくっつかないし、お皿とシリコンラップのサイズが合えばしっかり吸着して倒れてもこぼれません

電子レンジや食洗機にも使用可能!


8ヶ月ほど使っていますが、伸縮性があって伸ばしたり洗ったりしても問題なく使えていて、耐久性もあります。

ちなみに写真のお皿のサイズは直径13.3cmで、シリコンラップは直径11.3cmのもの!



楽天市場やAmazonなどのネット通販で購入が可能です。

ちなみに楽天市場では今紹介しているシリコンラップが最も口コミ評価が高かったです。
(4.20/140件。2020年11月執筆日。)


シリコンラップ食品保存用 6枚セット


具体的な特徴や、使って感じた率直なメリットとデメリットを以下に紹介します。

ご自身の好みに合うか参考にしてみてください。

買って良かった楽天で人気シリコンラップの特徴

買って良かった、楽天市場で人気のシリコンラップの特徴を紹介します。

しっかり確認したい方は、楽天の商品ページにも載っています。
楽天の人気シリコンラップのページを見る

基本的な特徴6つ

  1. 伸縮性が抜群
    通常サイズの130%以上伸ばせると記載あり。
    実際はお皿のサイズ+5cmくらいまで伸びる。

  2. 密閉性が高い
    内側に滑り止めリングがありこぼれない
    匂いが移らない

  3. 食器と同じように洗って繰り返し使える
    →食洗機使用OK、熱湯殺菌OK

  4. 耐冷、耐熱性がある
    −70度〜230度まで。
    冷蔵庫・電子レンジ使用OK
    冷凍庫は使用できるかの記載なし
    高温消毒もできる

  5. 余った野菜や果物をラップできる

  6. 乳児用の哺乳瓶に使う素材を使用


このクオリティで送料込み999円(税込)は安い!


(購入前に色々と調べましたが、シートラップや他のラップは1,000円以上するのがほとんどなので、紹介しているシリコンラップは安い方だと言えます。)

サイズは6種類で1セット

サイズは6種類で1セットで販売されてます。

購入前に、よく使うお皿のサイズを測っておくのが、長く使えるコツです。

以下は、各シリコンラップの直径サイズです。

  • 6.5cm
  • 9.2cm
  • 11.3cm
  • 14cm
  • 16cm
  • 20cm



6.5cmはマグカップの口を、20cmは鍋やボウルを塞げるくらいの大きさです!

筆者がよく使うのは11.3cmと14cmをお皿に!


人気シリコンラップのメリット・デメリット

買って良かった、楽天で人気のシリコンラップ。

実際に8ヶ月使ってみて、素直に感じたメリットとデメリットを出してみました。

良くも悪くも、「お皿とシリコンラップの大きさ」がこの商品の大きなポイントだと思います。

メリット

  • 999円(税込)は安い。(楽天ポイントも貯まる!)

  • ラップのゴミが減った

  • 電子レンジのラップ代わりにもなる

  • 電子レンジでフワッとラップをかけたい時に役立つ
    →シリコンラップのサイズが大きすぎてお皿にフィットしなくても、フワッと乗せるだけなら使える。

  • サイズが違うのでお皿によって使い分けが可能

  • 取手がついているので、剥がしやすい

  • シリコンラップの側面同士はくっつかず使いやすい
    →シートタイプは結構くっつくとの口コミを見た

  • 冷蔵庫内で倒れても液漏れしない
    →シートタイプは吸着力が弱いと口コミを見た



同じエコラップとして有名な「ミツロウラップ」は、粘着力が取れてしまうのが難点。

一方、シリコンラップは「伸縮性・吸着力が続きやすい」のが嬉しいポイントです*


デメリット

  • サイズが合うと思って料理を盛った皿に装着したら合わず、再度洗うのが手間

  • サイズがバラバラ。
    →極小と極大は中々使う機会がない。

  • サイズがきつい時、力を入れて伸ばす必要がある。
    →伸びるけど力がいる。誤って吹っ飛ばさないか心配。

  • サイズがブカブカだときちんと密閉されずラップの意味をなさない

  • お皿の材質が土器や木製など材質によってはくっつかないことがある

  • 数回使って破れたという口コミあり
    (筆者は毎日使ってるが全て無事)



実際に使ってみて強く思うのは、「よく使うお皿のサイズを測り、もしサイズが同じくらいなら買うと便利」だということです。

サイズが合わないと、使わずにゴミになる可能性も!



サイズは通常の130%以上伸びると記載はありますが、使っている感じだと5cm前後の伸びが限度だと思います。

シリコンラップ全体的に言えるのが、

お手間ではありますが、購入前にお皿のサイズを図ることが持続可能なエコ活に直結すると確信している次第です。

保管方法

買ったあと保存方法に軽く悩んだので、考えておくと良いかも!


筆者は洗濯バサミに挟んで完全に乾かしてから、ジップロックに入れて保管し、使いたい時にすぐ取れるようにキッチンスペースに立てかけています。

*追記:めっぽう最近は、タオルかけに洗濯バサミで挟んで干しておき、そのまま使いたい時に取るという保管方法になってます。ジップロックに入れちゃうと、ズボラ女子にとっては取り出すのさえ面倒。笑

まとめ

使って良かった楽天で人気のシリコンラップについてでした。

特徴やメリット、デメリットを紹介しましたが、使いたい内容でしたでしょうか。

まとめると以下の通りです。


【特徴】

  • 伸縮性が抜群
  • 密閉性が高い
  • 食器と同じように洗って繰り返し使える
  • 耐冷、耐熱性がある
  • 余った野菜や果物をラップできる
  • 乳児用の哺乳瓶に使う素材を使用
  • 品質保証期間30日


【サイズは6種類で1セット!】

6.5cm、9.2cm、11.3cm、14cm、16cm、20cm


【メリット】

  • 6枚999円(税込)は安い。
  • ラップのゴミが減った
  • 電子レンジのラップ代わりにもなる
  • 電子レンジでフワッとラップをかけたい時に役立つ
  • サイズが違うのでお皿によって使い分けが可能
  • 取手がついているので、剥がしやすい
  • シリコンラップの側面同士はくっつかず使いやすい
  • 冷蔵庫内で倒れても液漏れしない


【デメリット】

  • サイズが合うと思って料理を盛った皿に装着したら合わず、再度洗うのが手間
  • サイズがバラバラ。
  • サイズがきつい時、力を入れて伸ばす必要がある。
  • サイズがブカブカだときちんと密閉されずラップの意味をなさない
  • お皿の材質が土器などだとくっつかないことがある
  • 数回使って破れたという口コミあり



人気なシリコンラップですが、メリットやデメリットもあります。

サイズが合わずに捨ててしまっては、エコや節約の面で元も子もないですよね。

お皿とシリコンラップのサイズが合うかが、使い続けられるかの秘訣でしょう。

8ヶ月シリコンラップを使ったことで、格段にプラスチックラップを使う機会は減りました。

気持ちよく自然にやさしい生活をスタートさせるきっかけの1つとなれたら幸いです。



▼ 追記:2021年7月現在、こちらのシリコンラップも楽天市場で人気です。

この記事で紹介した丸型のものに加え、四角型も使える10枚セット!

なんといっても国内メーカーであるのと、食品衛生法基準というのが安心。

シリコンラップ 日本メーカー製 厚生省食品衛生検査済 10枚セット fungoo

コメント