アボカド水耕栽培の始め方!発芽するためには?成長記録を紹介します

やさしい暮らし
スポンサーリンク

アボカドの種は、水に浸すだけで栽培できるので有名ですよね。

自宅にあるものを使って簡単に始められることや、

成長過程を眺めながら観葉植物として楽しめるのも魅力的です。

「水耕栽培の始め方は?」

「ちゃんと発芽するために注意することは?」

などを、筆者によるアボカド水耕栽培の成長記録とともにお伝えします。

スポンサーリンク

アボカド水耕栽培の「始め方」

アボカド水耕栽培の始め方はとても簡単で、

①種と容器を洗う。
②種につまようじを刺す。
③容器に水を入れて種を置く。


という流れです。

①種と容器を洗う

常温で保存していたアボカドから種を取り出したら、ぬるぬるした油分や果肉を洗い流します。

洗う理由は、果肉や油分に「発芽を妨げる成分」が含まれているためです。

なので、果肉や油分がついたまま始めると発芽しにくくなります。

ぬるぬるが取れにくい場合は「乾いた布やペーパーで拭き取る」または「食器用洗剤を水で薄めたものをスポンジにつけて洗う」と取れやすくなります。

洗剤を使う場合は、洗剤の成分が種に残らないよう念入りに洗い流しましょう。

種をしっかり洗うことで、発芽率アップにつながります。

アボカドは乾燥に弱いので、種を洗ったらすぐに水に浸すのが鉄則です!洗った後に乾かしてしまうと、高確率で発芽しません。すぐに容器が用意できない場合は、適当なコップなどを使ってとにかく水に浸しておきましょう。



また、容器も食器用洗剤できれいに洗います。

水耕栽培ではカビが繁殖しやすいため、容器を清潔に保つことが大切です。

②種につまようじを刺す

瓶やコップなどの支えがない容器を使う場合は、芽が出る側を上にして3〜4本のつまようじを種に刺します。

容器に種を置く際に、固定させるためです。

つまようじの刺す向きは、上から刺す感じ

(筆者は間違えて下から刺しちゃったことがありましたが、これでは水に浸かりません。)

2本にしても3〜4本にしても「左右対称」につまようじを刺していきます。


筆者のようにつまようじ2本でも育ちますよ。しっかりと固定させたい場合は3〜4本がよさそうです。


ここで注意したいのが「種の向き」です。

向きを逆向きにすると、発芽率がかなり下がるそう。


筆者は初めて水耕栽培をした時に向きを間違えてしまい、案の定、発芽しませんでした。



写真の上側のように「とがっている方が上」、写真の下側のように「丸い方が下」です。

下側の丸い方には「ザラザラした箇所」があるので、これが目印になります。

↑この丸いザラザラ箇所が、下です!

③容器に水を入れて種を置く。

最後は、水を入れた容器に種を置いて完了です。

水の量は、種の3分の1が浸かる程度でOK。

種を全て水に浸してしまうと、種が呼吸できずに死んでしまいます。

また、できるだけ毎日水をかえて清潔なお水で成長してもらいましょう。

(筆者の場合は1〜2日くらい水換え忘れちゃっても大丈夫でしたが。)

置く場所は、日当たりがよく20度〜25度の温かいところが適切です。

もともとアボカドの原産地はメキシコなどの暑い地域なので、暑さには強いと言われています。

といっても、直射日光が当たりすぎると「葉焼け」の原因になるので、ほどよく日光が当たる場所がよさそうです。


筆者は5月に1つ目を栽培し始めましたが、気温が20〜25度でちょうどよい時期でした。



逆に寒さには弱いので、冬は室内の温かいところが好ましいでしょう。

それでは、以上のやり方で筆者がアボカド水耕栽培をした「成長記録」を次に紹介します。

アボカド水耕栽培の成長記録

★5月10日★

アボカドの水耕栽培スタート。

まずはモロゾフの空き瓶を使い、つまようじは2本。

今あるものを使い続ける。

あまり手は加えずに自然のままを大切にする。

できるだけゼロウェイストやナチュラルを心がけたい思いです。

★6月9日★(約1ヶ月後)

少しずつ下側のヒビが大きくなっていき、

スタートから1ヶ月後、ついに発根しました。

種の下側がパックリと割れ、下からちょこんと根が出ています。

初めてアボカド水耕栽培をした時は発根しなかったので、この時に根が出た喜びと感動はとても大きいものでした*

まるで我が子のような・・・笑

発根までは1ヶ月かかりましたが、ここから日に日に成長が目で分かるように楽しめます♩

★6月18日★(38日後)

根がさらに成長しました。

根がまだまだ伸びるので、ビンからコップに変えました。

「種の皮をむいておくと発芽率が高まる」とよく見ますが、皮を向かなくとも種の成長とともに自然と皮が向けてきますよ。

上側も割れてきました。

★6月24日★(約1ヶ月半後)

根がどんどん成長!

そして完全に発芽しました!

アボカドの生命力を感じます。

上から見るとこんなかんじです。

緑の芽もいくつか見えます。

★7月5日、7月10日★(約2ヶ月後)

この後10日ほどであっという間に芽が15cmほどに伸びました。

同時に、根がコップの底につくほど伸びたので、

もらいもののおしゃれなビンに変えました。

なぜだか芽や根がななめに生えてきたので、

(つまようじを刺す場所が悪かったのか、もともとの種の性格なのか)

クリップで固定しています。

葉っぱも成長してきました◎

写真撮影用に外に出していますが、いつもは室内の日当たりの良い窓際に置いています。

昼は窓のほうに葉っぱが向いて、

夜は室内の電気の方に葉っぱが勝手に向くんですよ。

生命力がすごい。

★7月16日★(66日後)

茎がどんどん伸びて、茎の長さが30cmほどに!

葉っぱも大きくなってきました。

こんなに茎が長く伸びるとは。

(ハマってしまい、2つ目の水耕栽培を開始。笑)

★7月26日★(約2ヶ月半後)

さらに茎が伸び、40cmになりました。

葉っぱも大きくなって10cmほどに!

根っこまで入れると、全長60cmほど!

2ヶ月半で、ほぼ観葉植物として楽しめる状態までに育ちました。

支柱なしで伸びてくれてますが、いつか折れちゃうのでは・・・と心配になってきました。笑

根も窮屈そうなので、そろそろ植え替えしようかなぁと思っているところです。




以上、アボカド水耕栽培の始め方と成長記録でした。

また、植え替えや気付きなど随時更新していきますね♪

Twitterでも時々アボちゃんの様子や家庭菜園の記録をのせております。






やさしい暮らし
最後まで読んでいただきありがとうございます。
この記事が気に入ったらいいねしてね♡
〜Twitterは日々の気づきを、Facebookでは最新記事をお知らせしています〜
↓ シェアしてみんなに広げてください^^♡
↓ こちらでも発信しています^^♪
スポンサーリンク
Easyらいふ

コメント