ホームステイ初日の1日の流れは?【リアルな体験談・使える英語も紹介】

ワーホリ
スポンサーリンク


「ホームステイ初日はどんな1日になるんだろう・・・」


ワクワクドキドキの海外留学&ワーホリ!
「ホストファミリーと上手くやれるか」
「英語で上手くコミュニケーション取れるか」
いざ前日になると急に緊張が押し寄せるもの。

ニュージーランド・オーストラリアで
2度ホームステイを経験した私が、
実際の体験談や使える英語を交えつつ、
ホームステイ初日の1日の流れを紹介します。

事前に初日の流れを知り、
ホームステイ初日の緊張や不安をなくして、
より良い初日をスタートさせましょう!

スポンサーリンク

ホームステイ初日の流れは?

ワクワクドキドキのホームステイ初日♡
私が実際に経験した話をもとに、
空港到着から寝るまでの1日の流れを紹介します。

①空港送迎でホームステイ先へ向かう

基本的にエージェントを介している場合は、
空港送迎でホームステイ先に行きます。

ちなみに私の場合
ニュージーランドは直接ホストが、
オーストラリアはエージェントが、
送迎をしてくれました。

オーストラリアでは、
同じエージェントのバスに
乗り合わせた人といきなり友達になれて安心感アップ!



②ホストファミリー全員と挨拶、自己紹介

到着したら、ホストファミリーと挨拶です。
子供のいる家だったら、子供たちとも挨拶!

子供たちも初対面は緊張してますが、
笑顔でいれば万事OK♡

ニックネームがあれば
「Call me 〇〇!」と伝えると
親近感がアップするかも!


ハグや握手をしてくる時もあるので、
恥ずかしがらずに応えましょう。

真夏だったので上半身裸の
ホストファザーがお出迎え(笑)


★一言アドバイス★

  • 挨拶はシンプルでOK!
    「Hi. I’m Shiho. Nice to meet you!」
  • フライトはどうだった?など聞かれるかも。
    「How was your flight?」

    「It was good but I’m sleepy」
    (良かったです。でも眠いです。)
    「It was a long trip but I’m glad I finally came here!」
    (長旅でした。でも遂にここに来れて嬉しいです。)
    「It took 10 hours to fly from Tokyo to Sydney!」
    (東京からシドニーまで10時間かかりました。)


③ハウスツアーやハウスルールの説明

ホストファミリーが準備しておいてくれた♡(泣)

ホストファミリーによりますが、
だいたいはホストファミリーから、
各部屋やキッチンなどの案内や、
ハウスルールについて説明があります。

家全体が日本より広いところが多いよ!


★一言アドバイス★

家の紹介や説明がない時は、自分から聞きましょう。

  • 「Where is the laundry room?」
    (ランドリーはどこですか?)
  • 「Could you tell me about your house rules? 」
    (ハウスルールを教えてくれませんか?)


④一緒に食事

到着時間や契約内容によりますが、
食事の時間や食事付きの場合は
ホストが用意してくれたご飯を一緒に食べます。

「何を話せばいいか分からない!」
「何を話しているのかさっぱり!」



でもホストは分かっているので大丈夫です。
話を降ってくれるので、それに答えればOK!

★一言アドバイス★

聞き取れない時、曖昧に頷くのではなく、
聞き取れないことを素直に伝えましょう。

  • 「Could you speak slower?」
    (ゆっくり話してもらえますか?」
  • 「Could you say it again?」「Pardon?」
    (もう一度話してもらえますか?)


⑤自由時間、周辺案内

到着時間などによりますが、
時間がある場合は、
自由にリラックスしたり、
ホストによっては、
家の周辺案内をしてくれたりします。

初日に連れてってくれたマウントクーサ



私の場合は、
近くのスーパーで買い出ししたり、
観光スポットに連れて行ってくれました♡

日本夜発、オーストラリア早朝着で
眠れず疲れてたけど超嬉しかった!


⑥シェアメイトと対面!

タイ人のシェアメイトがお別れの時にくれたタイのお守り♡

ホームステイ先によって
シェアメイトがいる場合もあります。
簡単に挨拶をしておきましょう。

食事や生活をともにするうちに
自然と仲良くなれるので心配不要!

タイ人の女の子がシェアメイトで
渡航前はやだなーと思ってたけど、
すぐ仲良くなれて親友になったよ♡


★一言アドバイス★

相手が自己紹介してこない時は、
自分からしちゃいましょう!

  • 「Hi, I’m Shiho from Japan. Nice to meet you!」
    (日本人のシホです。よろしくね!)
  • 「How long have you been stayed?」
    (どのくらい滞在しているの?)


⑦早めに寝る

初日は、
新しいことだらけで疲労が溜まってるはず。

Good night!と家族に
挨拶しておくと気持ち晴れやか。



明日のことも気になりますが、
考えすぎず今日やり遂げた自分を褒めつつ、
早めに寝て疲れをとりましょう。

私が行った2つのステイ先は、
就寝時間が22時で超早かった!笑


まとめ


ホームステイ初日の1日の流れでした。
まとめると以下のとおりです。


【ホームステイ初日の流れ】

  1. 空港からホームステイ先へ向かう
  2. ホストファミリーと挨拶、自己紹介
  3. ハウスツアー、ハウスルールの説明
  4. 一緒に食事
  5. 自由時間、周辺案内
  6. シェアメイトと対面
  7. 早めに寝る


ホームステイは、
人生に何度もできないし、
滞在先国の生活や食文化などを
身をもって学べるとっても貴重な機会です。

とにかく毎日、
自分から話したり質問したりして
有意義な時間を送ることが大切。


ホームステイ初日の流れを知ることで、
少しでも気持ちが和らぎ、
より良いホームステイ生活を始める
きっかけとなれれば幸いです。

みなさまのホームステイが
かけがえのない時間となりますように♡

ワーホリ 語学留学
最後まで読んでいただきありがとうございます。
この記事が気に入ったらいいねしてね♡
〜Twitterは日々の気づきを、Facebookでは最新記事をお知らせしています〜
↓ シェアしてみんなに広げてください^^♡
↓ こちらでも発信しています^^♪
スポンサーリンク
Easyらいふ

コメント